新潟、山形のご葬儀はアークベルのセレモニー 私たちが心を込めてお手伝いさせて頂きます。

事前のご相談は無料 もしもの時も安心です

葬儀に参列する
TOPページ > 葬儀に参列する > 不祝儀袋について

参列時マナー

細やかなおもてなしを。私達がサポートいたします。

不祝儀袋について

不祝儀袋について

不祝儀袋の水引や表書きも宗教・宗派によってそれぞれ異なります。 間違いのないよう、事前に参列するご葬儀の宗教・宗派を確認しておきましょう。

弔慰金を用意する

1.不祝儀袋の種類と水引の使い方

香典などを包む不祝儀袋に水引。宗教・金額・用途ごとの違いを、分かりやすくまとめました。

2. 贈り主の氏名の書き方

表書きや氏名を書く時は毛筆か筆ペン。ボールペンや万年筆は避けましょう。 通夜・葬儀の際は「悲しみの涙で墨が薄れる」という意味から薄墨で、僧侶へのお布施や法要の際は濃墨で書きます。

3. 中包み・外包み

中包みで包んでから、外包みで包むのが正式な包み方。中包みの金額、氏名、住所も毛筆か筆ペンを使います。

4.表書きのルール/弔問・会葬側

不祝儀袋の表書きも、宗教・宗派・用途によってそれぞれ異なります。 間違いのないように、事前に、贈る相手の宗教・宗派をよく確認しておきましょう。

5.香典の相場は?

香典やお布施で悩むのが、包む金額。故人との関係や、付き合いの程度などで、相場はさまざま。 お布施は僧侶への気持ちですので、基準はありません。

ご葬儀に関するお問い合わせ事前のご相談を、いつでも承っております。

葬儀のご依頼・ご相談はこちら お問い合わせ・資料請求はこちら
PAGE TOP