新潟、山形のご葬儀はアークベルのセレモニー 私たちが心を込めてお手伝いさせて頂きます。

事前のご相談は無料 もしもの時も安心です

葬儀に参列する
TOPページ > 葬儀に参列する > 葬儀・法要の服装

参列時マナー

細やかなおもてなしを。私達がサポートいたします。

葬儀・法要の服装

訃報は突然来るものです。一般の弔問客は、喪服でなくてもダークスーツなどの略礼装や平服でも構いませんが、地味な服装を心掛けましょう。

失礼のない装いの基本

喪家側、弔問・会葬側の立場によって、葬儀・法要の服装には違いがあります。失礼のない装いで哀悼の意を表しましょう。

●女性の装い
喪服は、以前は「喪に服する」という意味で遺族だけが装うものでした。 しかし、現在では故人に哀悼の意を表す衣服として、葬儀に参列する一般会葬者も喪服を着ることが普通になっています。
●男性の装い
男性の場合、喪主であっても和装を用いることは少なくなってきました。 現在は、遺族・近親者から一般の弔問・会葬者まで、通夜・葬儀にブラックスーツを 着るのが一般的です。
●子どもの装い
学校の制服があれば、それが正式礼装になります。 ただし、制服がない時は、白いシャツに黒、濃紺、濃いグレーのジャケットやズボン、スカートを。 色が地味でも、派手なデザインにならないように考慮します。
●アクセサリー・小物・ヘア
バッグや靴、アクセサリーは、色だけでなく、素材やデザインにも気を配る必要があります。 さらに帽子や傘、ヘアメイクも弔事の場に合わせ、普段以上に気を使いましょう。

ご葬儀に関するお問い合わせ事前のご相談を、いつでも承っております。

葬儀のご依頼・ご相談はこちら お問い合わせ・資料請求はこちら
PAGE TOP